アプリ開発分野で勝負!

アプリ開発にまつわる話。働き方やメリットに言及

会社勤めとフリーの選択肢

アプリ市場は拡大し、仕事のチャンスが見込め、またどのような働き方をするのか選択肢がある。一つは、アプリ開発会社にエンジニアとして就職し、与えられた業務をこなす働き方だ。未経験からでも仕事のノウハウを吸収でき、安定的に収入が得られるのが利点である。ただし会社に勤務するアプリの開発エンジニアになると、望んでいたジャンルの開発に携わることができるとは限らない。本人はエンターテイメント系のアプリの開発を希望していても、会社の判断によりビジネス系など他のジャンルの開発を任されるケースはある。

そこで開発に携わりたいアプリ開発のジャンルがあるなら、フリーランスエンジニアの立場で働く方法がある。フリーランスエンジニアになると、自ら企画を考えてアプリを開発したり、あるいは開発プロジェクトを選んで参加することが可能となる。得意とする分野で開発スキルを活かし、専門的なスキルをさらに高められるだろう。ただし仕事は安定的ではなく、開発プロジェクトが終わった後次の仕事が見つからないこともあるかもしれない。アプリの開発会社に勤めるか、あるいはフリーランスエンジニアの立場でアプリ開発を行うかは、それぞれに一長一短あるのだ。最終的にどちらの働き方を選ぶかは、本人の決断による。会社勤めかフリーか、まずはどちらかの働き方を選んでみて、メリットやデメリットを体験し、自身の開発スタイルに合った働き方を選ぶのが堅実だろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です