アプリ開発分野で勝負!

アプリ開発にまつわる話。働き方やメリットに言及

最近のアプリ開発事情

会社員なら、どれだけスキルが高くても収入は一定のレベルで頭打ちになるだろう。高度なプログラミングのスキルを持っていても、億万長者になることは難しい場合がある。しかし、フリーランスになれば、自分一人でアプリ開発をして、好きなだけ儲けていくことも可能だ。最近はスマホアプリを個人開発するフリーランスエンジニアが増えてきた。世界的な大ヒットを飛ばすことができれば、会社員時代には考えられなかったほどの収入を実現させることもできるだろう。

ただ、最近のアプリ開発は非常にレベルが高くなってきている。小規模アプリ開発の世界にも、有名な企業が続々と参入してきている。大人数で開発をしたアプリが人気ランキングの上位を独占するようになってきて、フリーランスエンジニアにとっては稼ぎづらくなってきた状況と言える。これからは、個人での開発だと言っても見た目にはこだわらなければならないだろう。3Dを取り入れるなど、新しいスキルを身に付けていかなければ競争に勝ち抜くことはできない。また、売れるアプリにはたいてい画期的なアイディアが注ぎ込まれているものである。まだ誰も考えついていないことを実現できるなら、高度なプログラミングスキルも必要がないかもしれない。アイディア一発で数億円の利益を生み出す土壌は、まだ枯れていないと言える。いいアイディアさえあれば、最悪の場合スキルは他人任せでも問題がないかもしれない。外注で優秀なプログラマーを雇うのもありだろう。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です